浜松徳川武将隊

家康公エピソード

第二話 未来を見据えた深慮遠謀の戦略家

 信長の命令によって、家康公は、浜松に居城を構え、基盤を固め始めます。ここ浜松は、もともと今川家の所領でしたが、桶狭間の戦い以降、後継ぎの氏真は、父義元の弔い合戦を起こそうとさえしません。氏真はよほど力がない、情けない大名と周囲から評価されていました。こうなると、遠江をめぐって、家康公とぶつかるのは、甲斐の武田です。

 

 信玄は、家康公が侮れぬ武将と、よく知り得ていました。勇猛果敢な三河武士の結束は、家康の力あってのもの。家康さえいなくなれば遠江、三河は一挙に手中に収めることができる。信玄は、家康暗殺を企てた形跡があります。伝説かもしれませんが、史料に基づいて詳細をここに紹介しておきましょう。

 

 白羽の矢が立ったのは、武田家臣・馬場美濃守氏房の子ども「庄之助」。彼は、絶世の美男子と評判の童で、信玄も、こやつならば、必ずや家康も傍に置くであろうと考えました。大名家では、顔立ちの整った男子を秘書役としていました。これは、戦国の慣わしで、決して珍しいことではありません。庄之助に、謀を授けた上で、甲斐から放逐したように見せかけ、浜松に潜入させました。美しい童が浜松にいる。噂を聞きつけた家康公は、児小姓に迎え入れ、まんまと信玄の策略に乗ってしまったのです。一方の庄之助は、子どもながらに、信玄からの謀をひた隠しにして、好機をいつかいつかと窺っていました。

 

 警戒が薄くなったある夜。庄之助は、決死の覚悟で、家康公の寝込みを襲いました。まさに、家康公の喉元に刃が刺さろうとした瞬間、「ばたり」と、床の間の仏像が倒れました。その音に気を取られた、ほんの一瞬の躊躇のうちに、庄之助は捉えられてしまいます。もはや自分の命もここまでと考えたことでしょう。

 

 しかし、家康公は、庄之助に信玄の謀をすべて自白させた上で、武田の元へ無傷で送り返すのです。

 

 「殿、いかがして。」徳川の家臣たちは腑に落ちない様子。家康公はこう答えました。

 

 「庄之助を武田の元に返せば、わしのことを寸分たる隙もない名将であると、失敗の言い訳として吹聴するであろう。また、庄之助を助けた懐が広い男だということが広まれば、将来、武田の家臣団も徳川に心を寄せることが、あるやもしれない。武田に大きな波紋を広げるはずだ。」

 

 家康公は、目先の利益だけにとらわれない、未来を見据えることができる深慮遠謀の戦略家であったのです。

 

 「長い目で考える」。家康公の思考法は、私たちの人生設計にも、浜松のまちづくりにも、大きなヒントになるのではないでしょうか。

 

次回予告
いざ出陣!三方ヶ原